toggle

ご挨拶

ようこそ、物書きのサイトあまたひしめき合う中、当サイトにお立ち寄りくださいまして、誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。
さて、わたくし青桃は縁あって2011年に「汀の砂」で小説家デビューを果たしました。以来2013年に「子供たちの午後」、2014年に「新クニウミ神話-ZONE-」と立て続けに出版が叶いまして…
と、これだけ聞くとさぞや順風満帆たる小説家ライフを満喫しているにちがいない、てなことを思われたかもしれませんが。してその実態たるや如何に…
『契約が打ち切りになったらどないすんねん』『アイデアの泉が尽きたらどうしたらええねん』…と考えたところで如何ともし難い悩みや不安で戦々恐々の日々。充実とはかけ離れたかっつかつの毎日。それでも書く喜びは尽きないんですけどね。
そんな崖っぷち小説家青桃の、どっきどきとわっくわくに充ちた悲喜交々を、小説家自らそこはかとなく綴ります。
小説家のくせに、小説家だからこそ?実はブログを書くのは大の苦手。書くのが苦手とは、ご挨拶から早くも大激白!そんな青桃ですが、どうぞ末永くご贔屓のほど宜しくお願い申し上げます。