toggle

書籍

新クニウミ神話

新クニウミ神話
amazon
五年前、国際フォーラムを迎えようとしていた広島で起きた、核兵器によるテロ事件。
死者は二万人を超えた。
事故調査を続ける「わたし」は、被害者であるひとりの詩人と出会う。
彼が語る真実とは──。
核の脅威を受けたヒロシマを再び襲った悲劇、その五年後の物語を描いた表題作を含む全四編を収録。
神話、寓話、故事をもとに編み出された、珠玉の短編集。
»概要・ストーリーご紹介

子供たちの午後

子供たちの午後
amazon
父と共に西の地に流れ着いた小六の和美。
開発が進むその地は、裕福な者たちが暮らす「新興高級住宅街」と、地上げ屋に怯える者たちの住む「下町」が隣り合う町だった。
四人の少年少女は、子供ならではの純粋さで友情を育んでいく。
あの頃、大人にとってはなんてことないことも、子供にとっては大事件だったのだ。
誰にでもある幼少期を描いた、ノスタルジックな純文学小説。
»概要・ストーリーご紹介

汀の砂

汀の砂
amazon
北陸の小さな漁師町にある招提寺で放火殺人事件が起きた。
逮捕されたのは帯広夏夫、26歳。
担当弁護士として現地で詳細を調べていた渡辺は、事件に不可解な点がいくつもあることに気付いた。
戸籍のない被害者の「七夕」、夏夫の複雑な生い立ち、招提寺に伝わる曰く……。
やがて、夏夫はぽつりぽつりと真実を語り始めた。
複雑に絡み合った人間関係が織りなすサスペンス小説。
»概要・ストーリーご紹介